竹鼻線は町中を東西から南北に90度カ−ブして羽島市役所前に進みます。

 

羽島市役所前駅

 

   
   


1921年(大正10年)、美濃電気軌道が笠松線(岐阜 - 笠松)の敷設を決定した際、

竹鼻への延長を美濃電に要望したが聞き入れられなかったために竹鼻町の小宮山儀太郎他の有志で竹鼻鉄道が設立されたのが始まりです。

1930年(昭和5年)に美濃電気軌道は名古屋鉄道に合併され、以降、名鉄の支線として現在にいたっております。

なお、2001年に、江吉良-大須間が廃線となり、新設の羽島線(当時は羽島新線)がJR岐阜羽島駅を終着駅として延長されました。