美濃竹鼻での美濃縞講座
 現在美濃縞を再現しているグループ
WEB MAGAZINE


美濃縞のおこり

 江戸時代の中頃,明和年間(1764〜1772)京都西陣から桟留縞織りの技術が伝わった。これより20年後の天明年間(1781〜1789)には、京都仏光寺通り西の洞院の火災により,そこに居住していた織屋が,美濃に移住して菅大臣縞(寛大寺縞ともいう)を織り出した。
この二種の縞木綿のうち桟留綿は,明和から天保にかける約60年間,この地方を代表する産物であった。例えば文政12年(1829),加賀金沢の商人の記したものの中に「尾張と美濃の桟留縞は諸国流行の品で,加賀藩領内への売捌量も英大に上る」と述べていることからも理解できる。
 さらに文政頃から,結城縞が織出され,天保末年から次第に従来の桟留縞にかわって,この地方の主製品となるに及んだ。桟留縞は木綿であるのに対し,結城縞は絹縮交織で,細口の木綿に絹糸をまぜて900〜1,000の筬で織られ,縞柄ぼ三觴立・ニ崩し・三崩し・四崩し.刷毛目縞などがあった。製織上からも桟留縞より高い技術を必要とされ,製品は高級衣料で,農家の自給用の日常衣料ではなかったから都市町人層を顧客とし,遠隔地に売捌かなければならなかった。
 結城縞製織技術がこの地方に移されるようになったいきさつについては,いくつかの説がある。
その一つは文化・文政頃(1804〜1828),尾張葉栗郡佐千原村の娘が,上総国で製織法を習得し,同村の織屋に雇われて織り始めたことに始まるという説である。その二は,関東結城の人が六十六部となって巡回の途次,羽栗郡柳津村に来て,その技術を伝え
たことを濫觴とする説である。その三は,竹ヶ鼻村(現在,羽島市竹鼻町)の織屋一柳惣兵衛の創業に始まるという説である。この三つのいい伝えから推測されることは,技術が関東地方から美濃・尾張地方に伝えられ,非常に早く各地で織られ始めたことである。
 こうして伝えられた縞城縞は,文致・天保期には主として美濃の芝原・北方・加縞の問屋を経て売り出されたので「美濃縞城」と呼ばれ、文政頃から明治初年にいたるまでこの地方の代表的な縞木縞となったン 以上述べてきた縞木縞の伝播状況について,これを表示すると次のようになる。製織技術の移縞は,ほぼ享保から天明にかける間に,広汎な展開をみたことが指縞できる。
 これらの縞木縞は,一般的には,「美濃縞」という名称で一括されて呼ばれていた。これは,加納・竹ヶ鼻・笠松周辺の西濃地方が主産地であったためと思われる。しかし文化頃(1804)から主産地は,尾張中島郡起村周辺の村々に移動していった。